2005年 11月 28日 ( 1 )

永遠は無いと言うけれど。

ヴェルディが降格した。
好き嫌いに関わらず、感慨深いものがあるのではないか。

冒頭に「好き嫌いに関わらず」という言い方をしたが、このチームほどアンチが多かったチームは無いだろう。
当初のバックにいた読売の存在や川崎からの移転などの理由もあるが、なによりJリーグ開幕時の鬼のような強さがアンチを生んだに違いない。
MLBで「くたばれヤンキース」という言い方がある。
これは、くたばれって言いたいくらい強いヤンキースに対する他チームからの言葉だ。
ヴェルディもそうした強さを持っていたのだと思う。
断っておきますが、私はヴェルディは嫌いじゃありませんよ。
むしろ、彼らの一貫したパスサッカーは素晴らしいと思っています。

Jリーグが始まって13年。
どんなチームにも好不調はあるとはいえ、今年天皇杯に勝ち名門復活か?と言われたヴェルディがなすすべなく降格に至った事に恐怖を覚えるのです。
そう、自分達に起こらないとは言えないことだと。
世代交代の遅れ、相次ぐ怪我人と要因はあるが、これらはジェフにもありえる事です。
かつて、3年間残留争いをした私達にとって、「他人事」と思う人も少ないでしょう。
潤沢な資金のある名古屋でも低迷しているし、ましてお金の無い私達には一度傾いたら個々の頑張り以外に期待できない訳です。
どうしたら回避できるんでしょうか?
答えがあれば、降格するチームはありませんよね。
今、タイトルが取れたからこそ「降格」というものが物凄く怖く感じています。

柏も入替戦にまわるようですが、落ちないで欲しいですよ。
千葉銀カップが無くなるのも寂しいですからね。
[PR]
by chiba_inu | 2005-11-28 18:32 | サッカー