横浜FCのJ1昇格

先日J1昇格を決めた横浜FCに対して、「お帰り」というフレーズを使っているのを見かけた。
つまり、「横浜FC=横浜フリューゲルス」と言いたいのだろう。
私は1998年に千葉に転居してた事もあって、フリューゲルス消滅後は一番近かったジェフを応援しはじめて今に至っている。
地元を応援するのがJの理念だというのが一番の理由だった。
そんな私がフリエの魂がうんぬんなんて言えないけれど、聞いていて若干の違和感を感じる。
横浜FCは横浜FC以外の何者でも無い。
「お帰り」という言葉を使いたいのは、フリエのサポでは無いような気がするのです。

一方で、今の横浜FCを応援している人たちの中には元フリエのサポも沢山いると思う。
彼らは本心ではどう思っているのか。
私の友人は「あくまでもアンチマリノスですから」と言っていた。
そう言われれば確かにダービーの相手だったマリノスには、ライバルとして敵対心は強かった。

まとまりが無いけど、私にはやっぱり「これは、こうだ」と結論づけるようなエントリーは書けそうに無いや。
ただ一言だけ。
「おめでとう、簡単にJ2に戻るなよ」
[PR]
by chiba_inu | 2006-11-28 17:23 | サッカー


<< 中西、下川 コーヒーブレイク? >>